『暮らし』のこと セミリタイア生活

【生活公開】セミリタイア生活の実態を公開してみた(結婚や収入は?)

投稿日:2020年4月8日 更新日:

タイトル画像『セミリタイア生活の実態を公開してみた』

実際にセミリタイアしている人の生活を覗いてみたい・・・!!

今回の記事は、東京で実際にセミリタイアしている様子をお伝えすることで、セミリタイアに興味のある人に、ご自身のセミリタイア後の生活を具体的にイメージして貰えるような内容になっています。

・年齢や、結婚はしているの?
・副業収入や、投資収益は安定しているの?
・どこに住んで、何をしているのか?(趣味、自由な時間の使い方)
・後悔や悩みはないの?

私がセミリタイアを始めたのは42歳、今年44歳になる未婚です。在宅ワークの副業で月8万円前後、投資収益も同じくらいですが、20年3月からの株式市場の急落で収益は悪化しています。セミリタイアに後悔はありませんが、悩みは尽きません。

今回の記事は以上になります・・・としてしまうと、ただの自己紹介ですね。本文ではそれぞれの内容について、ちょっとずつ掘り下げて、セミリタイアを考えている人に役立つ情報としてお届けできたらと思います。

どうぞ気軽に読んで頂き、「セミリタイアしている人は、こんな風に暮らしているんだなあ」と一例になりましたら幸いです。



1.セミリタイア生活の実態を公開

窓を開け放つ写真

この記事では、セミリタイアの生活を3つの側面に分けてお伝えしていきます。

・経済的な「副業、投資、収入」について

・暮らし方や日常の「住まい、結婚、時間の使い方」について

・セミリタイアにあたっての「後悔や悩み」について

3つの紹介はそれぞれ関係しあっているので、バッサリ縦割りとはなりませんが、読んで頂く際の目安にしてください。

 

2.副業、投資、収入について

1) スキルを生かした在宅ワーク

在宅ワークに使用している机(1万円で購入)

副業:ライティング系の在宅ワーク

セミリタイアでは、完全リタイアと違い「1日の生活時間の多くを拘束しない程度」の仕事をします。厳密には本業がないので「副業」とは言えないかもしれませんが、会社員の方が一般的な副業で働く程度のボリュームをイメージしてもらいたく「副業」との言い方にしました。

1日の副業にかける時間は、2~5時間です。時間に差があるのは、後で説明する「副業、投資、節約」のバランスで作業量を調節しているからです。

クラウドソーシングを中心にして、会社員時代に得た「食品関係」の知識を生かした資料作成などをしています。

クラウドソーシングの利点は、ギグワーク(単発の受注仕事)のため、作業量を自分で調節できることだと思います。欠点としては、単価が安くなりがちなこと。例えばライティングでは「1文字0.1~1円」と幅があります。専門的なスキルがあれば、有効に活用したいですね。

ゆくゆくは、自分の好きなジャンルのライティングで収入を得ていけるようにしたく、セミリタイア生活で「実現したい目標」でもあります。

ライティングのイラスト画像

2) 投資目標「年利8%」

投資:投資信託や、株式の資産運用で年利8%が目標

実際は、投資収益にも税金がかかるため手元に残るのは「5%」前後を想定しています。

私はざっくり2,000万円を投資資金にして、1,000万円を現金(余力資金)にしています。20年1月頃まではセミリタイアを始めた頃と資産額に大きな変化がなく、何とか副業と投資で生活費15万円/月がまかなえていました。

が、20年3月の株式市場の急落で資産額が20%以上減じてしまいました。現金(余力資金)のおかげで生活に支障はありませんが、この混乱が早期に改善してくれることを願うばかりです。

投資に費やす時間は「1週間で1~2時間」です。
私の投資スタンスは中長期投資で、普段は投資についてあれこれ考える時間は多くありません。

ただ、今の下げ相場では、将来の収益性を向上させるチャンス(安く買える)でもあります。今は時間をとって、慎重に資産の再配分を進めています。

関連記事:【実践セミリタイア・FIRE】中長期投資のやり方(わかりやすい3ステップ)

投資をする人のイラスト

3) 副業、投資、節約のバランス

セミリタイア生活では「副業」「投資」「節約」のバランスをとることが大事だなあと痛感しています。

投資の成果が良かったり、節約を頑張れば、副業にかける時間を少なくすることができます。又は余力を投資資金に回すことで収益性を向上させることもできますね。

投資と節約と副業のバランスのイラスト画像

振り返れば、セミリタイア生活を始める第一歩も、この3つを現実的に考えてみることから始まったと思います。

関連記事:セミリタイア生活の始め方、これだけは検討しておきたい3つの事



3.住まい、結婚、時間の使い方について

洗濯ものの写真画像

1) 東京1LDK 12.6万をルームシェア

生活:東京1LDK 12.6万円(家賃ルームシェアで6.3万円)、生活費15万円

私は東京でセミリタイアをしています。普通に考えれば、東京はセミリタイアに向いていません。家賃がべらぼうに高いからです。

ですが、セミリタイアを「好きなことで生きていく」ための手段と考えたときに、私の場合「東京で生活する」必要がありました。節約やルームシェアで、高い家賃を何とかしています。(ルームシェアで12万6千円の部屋に6万3千円で住めています)

ルームシェアの相手はパートナーです(事項の「未婚男性の実態」で触れます)私が東京で暮らす理由の1つに、パートナーが東京で仕事をしている事も上げられます。

セミリタイアでは賃貸契約がしにくいですが、パートナーにしてもらうことで何とかなっています。生活費は二人でしっかりわけ、電化製品や家具など大きな買い物が必要になった場合も、二人で料金を出すようにしています。

節約では、例えば食費と生活雑貨を合わせて2万円以内におさめるのが目標です。お金はかけなくても、季節の安い食材を使い、我が家で作る出来たての料理は、何でも美味しいですよね。

食卓の写真

1食300~400円くらいを目安に作っています

節約や生活費の詳細について、ご興味のある方は次の記事もご参考ください。

関連記事:東京で生活費15万円で暮らすセミリタイヤーの家計簿公開

2) 未婚男性の実態

実態:44歳未婚、同棲中のパートナー有り

私は未婚ですが、ありがたいことにセミリタイアに理解のあるパートナーに恵まれています。お互いに結婚願望はありません。

前項のルームシェアも、パートナーのおかげで実現できおり、とても感謝しています。

生活費は折半したうえで、私が二人分の炊事・洗濯・掃除をしています。在宅ワークで時間のある私がやった方が効率的だからです。会社員だった頃は、家事なんて面倒臭いなあと思っていたのですが、いざやってみると意外と苦にならないもので、もともと向いていたのかもしれませんね。ブラック企業に務めていたので、時間の余裕もなく、家事から遠ざかっていたのだと思います。

家事をする男性のイラスト画像

ところで、未婚男性への風当たりの強さってありますよね。会社員時代には、「いい歳して、まだ結婚しないのか」といった陰口がありましたが、セミリタイア後は、周囲に気の許せる友人しかいないので、そんなことも言われなくなりましたし、そもそもあまり気にならなくなりました。

人の結婚や、仕事を辞めることに対してネガティブな事を言って来る人ほど、私とあまり関係のない外野の人や、発言に責任を持たない人が多かったなあと思います。何か嫌みを言ってくる人がいたら、その人が自分の面倒を見てくれるわけではないし、真に受ける必要はない。退職の経験を通して、そんな風に思えるようになりました。

セクハラをするイラスト画像

3) 目標「好きなことで生きていく」

生活リズム:朝8時までに起きて、0時までには寝る生活。

ブラック企業に務めていたころの方が、生活リズムは不規則でした。深夜に仕事の電話で叩き起こされたり、ストレスから暴飲暴食したりと。セミリタイアしてからの方が、せっかく手に入れた「自由な生活」を守るために、より生き方が丁寧で誠実になったと感じます。

余裕のある時間を生活に持つことは、本当に大事ですね。会社を辞めてから、自炊もするし、健康にも気を使えるようになりました。歯医者に定期的に通うなんて些細なことも含め、人らしく生きているなあと思えています。

健康的な生活のイラスト画像

また、手に入れた自由な時間で趣味である「下町散策」や「読書」をする一方で、好きなことで生きていく(収入を得る)ための努力にも当てています。

私はライティングが好きなため、好きなジャンルのライティングで副業収入をまかなえることを「目標」にしています。目標を持つことで生活が充実しています。



4.セミリタイアの後悔や悩みについて

考える人のイメージ写真

1) 後悔のない暮らし

セミリタイアをして後悔をしないのか? と言ったことをよく聞きます。

私は、全く後悔がありません。この先も後悔することはないでしょう。今の生活が充実していて、満足しているからです。

少なくとも仕事を辞める前の方が、あれこれと悩むことが多かったのは確かです。

関連記事:東京でセミリタイア生活をはじめるまでのこと

カフェでパソコンするイラスト

2) 悩み「親の介護」をどうするか?

この年代特有の悩みかもしれませんが、親に介護が必要になってしまったら・・・という不安があります。兄弟もいないので、何かあれば私が対応することになります。

幸い親は持ち家に住んでいます。介護費用が高額になったら、売却も検討しないといけません。投資資金を減らすことは、収益性を低下させることになるので、できるだけ避けたいです。

また、介護で実家生活になった場合、パートナーにも迷惑をかけます。短期ならばいいですが長期となった時に、現在の住まいがパートナー1人で払える家賃ではないため、引っ越しをしてもらうことになってしまいます。

介護をするイラスト画像

こればかりは答えが出ないことなので、その時に最良の選択ができるように、検討や準備しておくしかないなあと思います。

人生の悩みに、セミリタイアをしているかどうかはあまり関係ないのかもしれませんね。



5.まとめ「セミリタイアは自己実現の手段」

双葉の写真画像

セミリタイアを始めても、経済的な不安や時間を持てあまして、会社員に戻る人もいます。セミリタイアすること自体を目標にしてしまうと、長く続かないのかもしれませんね。

記事の中でも触れていますが、私にとってセミリタイアは「自己実現」のための手段です。ブラック企業に勤めた経験から、本当に自分のやりたいことでなければ頑張り続けることができない事や、これからの日本では生涯終身雇用でいられる保証もないと身に染みて知りました。

セミリタイアによって生まれた自由を、自分の好きなことで生きていくための時間にあてる。そんな風に考えることで、セミリタイアは、人生をより充実したものに変えてくれると感じています。

将来を考える人のイラスト画像

人気記事ランキング

アイキャッチ画像「楽天証券とSBI証券使い分けのコツ」 1

楽天証券とSBI証券について、知っているとちょっとだけ有利になる「使い分け方のコツ」を個人投資家の目線でまとめてみました。「楽天証券、積立投信で高ポイント還元」「SBI証券、ドル円為替手数料が最安水準→外国株有利」等。本音のブログ記事です。

アイキャッチ画像「初心者が楽天証券で投資信託やってみた」 2

全くの初心者だった私が、楽天証券で投資信託の積立をはじめて2年以上が経過しました。「利益は?」「どんな投資信託を買った?」「何で楽天証券にしたの?」など。実際の経験を踏まえ、これから始めたい人に役立つ「投資信託の買い方」をまとめた記事です。

アイキャッチ画像「ネオモバとLINE証券を使ってみて比較」 3

スマホで手軽に投資ができると注目の「ネオモバ」と「LINE証券」これから始めるならどっちがいい?両方利用してみた実感から、メリットやデメリットをわかりやすく比較しました。継続したコツコツ投資ならネオモバ、お試し投資ならLINE証券です。

アイキャッチ画像「ファンダメンタル重視の株式投資のやり方」 4

こつこつ投資でセミリタイア中のブログ管理人が、企業のファンダメンタル(業績・財務など基礎的事項)を重視した株式投資をやってみた体験を記事にしました。バフェット流のファンダメンタル投資のポイントや具体的なやり方が、簡潔にわかる記事です。

アイキャッチ画像「東京で15万円で生活するセミリタイヤーの家計簿」 5

今回の記事では私の家計簿も公開しながらセミリタイヤーの生活費について紹介します。 この記事を書いている私は、実際に東京でセミリタイアをしています。 実感として感じるのは、家賃や物価の高さなど、都内でセ ...

-『暮らし』のこと, セミリタイア生活

Copyright© 東京でセミリタイア生活するブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.