『投資』のこと ネオモバ投資 体験談

【ブログ】ネオモバ5つのデメリット(1年利用してみた経験談)

投稿日:2020年5月22日 更新日:

タイトル画像「ネオモバ5つのデメリット」

ネオモバ(SBIネオモバイル証券)を利用してみて1年以上がたち、いくつかデメリットがハッキリしてきました。自分の整理もかねて、ブログにまとめてみます。

最初に結論を言うと、デメリットは次の5つです。

《ネオモバの5つのデメリット》
 1)投資信託の取扱いがない
 2)外国株の取扱いがない
 3)NISA口座に対応していない
 4)支払いがクレジットカード(利用のない月もサービス利用料有り)
 5)即時入金が住信SBI銀行のみ

この辺の実感と、デメリットを最低限におさえるやり方を書いていこうと思います。

私は現在、投資で2,000万円以上をこつこつ運用し、月に換算すると8万円くらいの実績でぼちぼち暮らしています。ネオモバでは主に、少額投資を1年間行ってきました。

下の目次を眺めるだけでも、何となく全体がわかるので、気になる項目があればチェックしてみてくださいね。

1.ネオモバ5つのデメリット(1年利用してみた経験談)

チェック項目の写真画像

1) 投資信託の扱いがない

投資経験がなく、はじめて運用するなら投資信託がいいですが、ネオモバでは残念ながら取扱っていません。

証券各社にはそれぞれ特徴や強みがあるのも確かです。投資信託をはじめたい方は、ネオモバでは運用できませんので、注意してくださいね。

私は主に楽天証券で投資信託を運用しています。

関連記事:投資信託を選ぶ失敗しない5つのポイント、証券会社の選び方

 

2) 外国株の扱いがない

ネオモバで運用できるのは「国内株式」や「国内ETF」です。外国株式の運用をしたい場合は、投資信託と同様、他の証券会社を利用するしかないですね。

その代わり、東証一部上場企業はもちろん、国内で取扱われている銘柄はほぼ運用の対象となります。

少額投資、1株から投資が特徴の証券会社では、銘柄数が限定されることもありますが、そこは出資会社が業界最大手の「SBI証券」である強みかもしれません。

 

3) NISA口座に対応していない

NISAに対応していないのは、本当に残念。NISA制度を利用していない方は、まず他の証券会社でNISA口座を運用するのが、だんぜんにいいと思います。

NISAとは

少額投資非課税制度のこと。株や投資信託にかかる税金を非課税にできます。年間の購入額120万円まで(これを非課税枠といいます)の株や投資信託などから生じる配当金、売却益に5年間税金がかかりません。

又、NISA口座で売買手数料も無料にしているネット証券もあります。利用しない手はないので、私は企業の財務分析ツールが充実しているGMOクリック証券でNISAを利用しています。

関連記事:株初心者でも実践できるファンダメンタル分析を簡単にする方法(GMOクリック証券のツール利用)

ネオモバも少しずつサービスを拡充しているので、今後の展開に期待したいです。

NISAのイラスト

4) 支払いがクレジットカード

通常、証券会社への手数料の支払いは、口座残高から支払われますよね。又は、購入金額にプラスされたり、売却金額から差し引かれます。

ネオモバは月定額料金制ですが、この支払いがクレジットカードでしか支払いができません。月最低220円(税込)を支払わないと、株の銘柄検索すらできないです。

この最低220円(税込)は、システム利用料として支払うため、株の売買をしなかった月も発生します。

ただ、翌月 期間固定Tポイントで200pt還元されるため、実際は消費税20円負担です(月間の取引金額が50万円以下の場合。このポイントは期間固定ポイントで、付与月の翌月末までネオモバでのみ使用可)

ネオモバTポイント還元の流れ図解

まあ、そうは言ってもクレカ登録のハードルは高い。必要のないちょっとした出費は、たいていこういうカードの使い方が原因ですから。

 

5) 即時入金が住信SBI銀行のみ

株価が安くなっている! すぐ買いたいけど、口座にお金がない…。そんなときは即時入金対応をしてくれる銀行があると便利ですね。

入出金手数料無料、即時入金対応。これは譲れません。

ですが、ネオモバは上記に対応する銀行が「住信SBI銀行」しかありません。ネオモバで株の運用をするのであれば、住信SBI銀行の口座は持っておきたいところです。

住信SBI銀行は、他の証券会社との連携も多く、ネット送金関係が強いため口座を持っている人も多いとは思いますが。

銀行と証券会社が協力するイラスト

2.デメリットを最低限にして利用する方法

アイデアのイメージ画像

・取引金額を月50万円以内に

ネオモバの月定額料金は、月間の取引金額(約定代金)によって決まります。下の表を見るとわかりますが、月間50万円以下であれば220円(税込)です。翌月、期間固定Tポイント200pt還元されるので、実際は消費税20円のみの負担で済みます。

ネオモバの利用料金の画面写真

ただし、次項で説明する「期間固定ポイント」であることに注意です。

 

・月に1株以上購入する

毎月還元されるTポイント200ptは、期間固定ポイントで、次のような特徴があります。

・付与された翌月末までに使用しないと失効する
・ネオモバ以外では使用できない

つまり、このTポイントを使用して月に1株以上の購入をすれば損がありません。私は定期的なコツコツ投資に利用をしました。

コツコツ積立てるイラスト

・利用のない月はサービスを停止する

ネオモバの利用で一番注意したいのは、利用のない月も220円(税込)の支払いが発生すること。

期間固定ポイントは翌月末まで使用期限なので、2ヶ月以上利用する予定がなければサービスを停止した方がいいですね。

ネオモバの利用料金履歴画面の写真

今月の利用料金。50万超ないかチェックできる

ネオモバの月ごとの利用料金履歴の写真

利用料金の履歴はシンプルに確認できる

月間のサービス料(手数料)220円(税込)は、取引金額の総計が50万円まで。上限を超えてしまったときも、その月の支払い予定額を利用料の履歴でちゃんと確認できます。少額投資をしている人は、まず越えることはないと思いますが。

一時停止は「ボタン1つ」で、いつでもできるのですが、停止した月も最低220円(税込)はかかることを了承しないといけないです。

ネオモバのサービス一時停止画面

サービス一時停止はボタン1つ。その月の利用料はかかる

 

3.この記事のまとめ「ネオモバをやめておいた方がいい人」

スマホのイメージ画像

ネオモバを1年利用してみて実感したデメリットと、それを最低限に抑える方法を紹介してきました。

私は今後もネオモバイル証券を利用する予定です。それは次のような条件を満たしていて、結果自分にとってプラスになるからです。

《ネオモバ向きの人》

・投資信託、外国株、NISA口座の運用がない
 (他の証券会社でしている)
・ネオモバではコツコツ投資で、月の取引金額が数千円~10万円程度
 (月50万円以下)
・住信SBI銀行を利用している
 (ネオモバと一緒に口座開設した)

私と同じよう方は、国内株式の売買手数料が実質20円で運用ができます。

条件を満たさない方には「ネオモバイル証券は止めておいた方がいいよ」と言いたいです。

ご自身の状況に応じて、ネオモバの利用を検討してみてください。

それでは、最後まで記事を読んでいただきありがとうございました!

ネオモバのウェブサイトを見てみる>>

関連記事
【図解】ネオモバ(SBIネオモバイル証券)口座開設の手順

ネオモバ(SBIネオモバイル証券)口座開設の手順をわかりやすく図解しています。実際にネオモバの口座開設をしたときの経験から、注意点やポイントをまとめ。申込みの直前で「それ何?」や「必要な書類がない!」とならずにスムーズな手続きができます。

続きを見る

人気記事ランキング

アイキャッチ画像「楽天証券とSBI証券使い分けのコツ」 1

楽天証券とSBI証券について、知っているとちょっとだけ有利になる「使い分け方のコツ」を個人投資家の目線でまとめてみました。「楽天証券、積立投信で高ポイント還元」「SBI証券、ドル円為替手数料が最安水準→外国株有利」等。本音のブログ記事です。

アイキャッチ画像「初心者が楽天証券で投資信託やってみた」 2

全くの初心者だった私が、楽天証券で投資信託の積立をはじめて2年以上が経過しました。「利益は?」「どんな投資信託を買った?」「何で楽天証券にしたの?」など。実際の経験を踏まえ、これから始めたい人に役立つ「投資信託の買い方」をまとめた記事です。

アイキャッチ画像「ネオモバとLINE証券を使ってみて比較」 3

スマホで手軽に投資ができると注目の「ネオモバ」と「LINE証券」これから始めるならどっちがいい?両方利用してみた実感から、メリットやデメリットをわかりやすく比較しました。継続したコツコツ投資ならネオモバ、お試し投資ならLINE証券です。

アイキャッチ画像「ファンダメンタル重視の株式投資のやり方」 4

こつこつ投資でセミリタイア中のブログ管理人が、企業のファンダメンタル(業績・財務など基礎的事項)を重視した株式投資をやってみた体験を記事にしました。バフェット流のファンダメンタル投資のポイントや具体的なやり方が、簡潔にわかる記事です。

アイキャッチ画像「東京で15万円で生活するセミリタイヤーの家計簿」 5

今回の記事では私の家計簿も公開しながらセミリタイヤーの生活費について紹介します。 この記事を書いている私は、実際に東京でセミリタイアをしています。 実感として感じるのは、家賃や物価の高さなど、都内でセ ...

-『投資』のこと, ネオモバ投資 体験談

Copyright© 東京でセミリタイア生活するブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.