『暮らし』のこと セミリタイア生活

【セミリタイアの退職理由】会社に告げた理由と、本当の理由

投稿日:2020年10月8日 更新日:

タイトル画像「【セミリタイア】会社に伝える『退職理由』と『本当の理由』」

私は現在、東京でセミリタイア生活をしています。

投資を軸に好きな事・やりたい事で経済的自立をするのがセミリタイアをした理由ですが、会社に「本当の理由」を伝える必要はありませんでした。円満退職の為の「退職理由」と「本当の理由」を記事にしました。

私がセミリタイアをした本当の理由は、次のようなものです。

《セミリタイアした本当の理由》

・会社員に限界を感じた(ブラック企業経験)
・自分の為に100%の時間・力を使いたい
・好きなこと・やりたいことで経済的自立をしたい

一方、実際に退職をするのに当たって、会社に告げた理由は、

《会社に告げた退職理由》

・スキルを生かし、独立した元同僚の仕事を手伝う
・残業代の未払い等をやんわり指摘
 ※「(残業代未払いなどが気になり)現状が仕事に集中できない環境」と伝えました

なぜ本当の退職理由を言わなかったのか、またセミリタイアという生き方にたどり着いた理由について、記事ではもう少し掘り下げて書いています。

同じようにセミリタイアを考えている人の参考になりましたら。下の目次を眺めるだけでも要点がわかります。気になる項目がれば、チェックしてみてください。



1.【セミリタイア】会社に告げた『退職理由』と『本当の理由』が違うワケ

・セミリタイアをするためと会社には告げない方がいい

私がセミリタイアを決意したキッカケを端的に言うと、会社員であり続けることに限界を感じたからです。この内容については「2.セミリタイアを決意した『本当の理由』」をご覧ください。

ここでは、会社を退職するときに「本当の理由」を告げる必要がなく、特に「セミリタイアをするため」と伝えない方がいいワケを経験を踏まえて上げてみます。

退職を考えるイラスト

円満退職が目的

理由はシンプルで「円満退職をする」ためです。

私は2度の退職経験がありますが、直属の上司がそうでなくても、退職すると聞いただけで嫌みを言ってくる人は少なからずいました。残される側の心境が複雑なのは、自分が逆の立場と思えば想像できますね。

だからと言って、

「世の中そんなに甘くない」
「自分勝手なことをするな」
「ここで頑張れなければ、どこにいっても頑張れない」

といった不用意で無責任な発言は、何の根拠もないうえに、こちらのモチベーションを下げます

セミリタイアと伝えてどう反応をするかは職場によりますが、上司や周囲が納得しなければ「退職」に時間や労力を必要以上にかけてしまいます。

 

ブラック企業から退職

また、私はブラック企業の退職経験がありますが、直接の理由として「残業代がもらえないから」などと言わない方が良いです。

「未払い残業代」や「違法な休日出勤」などの証拠(勤務表コピーなど)を押さえ、ハローワークや労基署の労働相談コーナーに相談した方がスムーズです。失業給付金に関わる「退職理由」も、正当な理由があれば後から異議申し立てできます。

円満退職のイラスト

円満退職は、「セミリタイア」をするモチベーションを維持し、万が一、ブラック企業だった時には、会社との余計なもめ事を回避し、正当な支援を行政から受けるためにも役立ちます。

何より、気持ちよく退職することで、新しい生活への一歩を踏み出す力になりますね。

セミリタイアを前提にした退職時に注意すべきことについて、より詳細を知りたい方は、次の記事も参考にしてみてください。私の2度の退職経験を踏まえた内容になっています。

関連記事
アイキャッチ「セミリタイアのための会社の辞め方」
セミリタイアするための会社の辞め方、注意しないと損をすること

会社を辞めるには、大きな労力が必要です。転職するのが当たり前の業界でなければ、そう何度も経験するものでもありませんね。 ですが、会社を辞めることが決まると、猛スピードで事が進んでいきます。辞めてしまっ ...

続きを見る

2.セミリタイアを決意した「本当の理由」

ここでは、私がセミリタイアを決意した本当の理由を経緯も踏まえてまとめました。

1) 会社員に限界を感じた(ブラック企業経験)

「生涯、同じ会社で勤めあげる」という時代は終わっている。

メディアでよくそんなことを聞いていましたが、ホワイト企業に勤めていた自分には関係のないことだと思っていました。

突然、会社が業界他社に吸収合併され、社風や就業条件が一変。突然と感じたのは、ホワイト企業のぬるま湯につかって、世間の流れに疎かっただけかもしれません。

それまで会社に守られているという感覚があったのですが、「労働力を搾取されている」と感じる状況に。精神的、体力的に追い詰められて、逃げるように転職した先がこれまた超がつく「ブラック企業」でした。

自分が望むと望まなくても、簡単に会社や働く環境は変わってしまう。自分がどんなに頑張ったとしても、生涯同じ条件・会社で働ける保証なんて、どこにもないと身を持って知りました

私のホワイト企業、ブラック企業の経験について詳細を書いた記事もあります。よろしければご覧ください。

関連記事
アイキャッチ「東京でセミリタイア生活をはじめるまで」
東京でセミリタイア生活をはじめるまでのこと

ホワイト企業に務めていた私が、ブラック企業を経て東京でセミリタイア生活を送るようになるまでの事。この経験は「自分にとって大切なものは何か?」を気付くきっかけに。ブラック職場に悩んでいる人や、セミリタイアを考えている人の参考になる体験談です。

続きを見る

 

2) 自分の為に100%の時間・力を使いたい

前項「会社員の限界」とも関連しますが、セミリタイアをすることで、時間を100%自分のために使うことができるようになります。

私が2度の退職や、ブラック企業の経験で得た教訓は、

「時間を切り売りするような仕事の仕方をしてはいけない」

です。仕事をする上で、自分のスキルアップや、成果物の積み上げ(実績)のない作業をしているとしたら、それは労働力を搾取されている状態だと思うようになりました。

例えば、

履歴書に書けるような実績を伴えるか?
クリエイティブな仕事ならば、自身にとって収益価値のある作品を積み上げているか?
これらを実現できるスキルアップに繋がっているか?

会社員時代には、何だかよくわからない雑務で一日が終わってしまうこともありましたが、セミリタイア生活では時間を有意義に使えます。

自由な時間を「家族のために使う」という選択肢ももちろんありますね。

好きなことにチャレンジするイラスト

3) 好きなこと・やりたいことで経済的自立をしたい

私が2社目のブラック企業で退職を考えたときに、脳裏に過ぎったのは、自分が本来やりたかった「ライティング系の仕事」を「それで食っていけるわけないよなあ」と諦めてしまっていた過去でした。

幸い、ホワイト企業時代に蓄えた貯蓄があったため、そこから投資をはじめ、投資収入を軸とした経済基盤を贅沢はできないまでも作ることができました。

セミリタイアは、自分にとって「楽して生きる」というより、「自分のやりたいことで生きていく為の手段」です

現在は、会社員時代のスキルを生かした在宅ワークを副業にしており、少しずつ自分の本来やりたライティング関係の仕事でも稼げるようにシフトをしている最中です。

少なくても「やりたくない、嫌な仕事」はしなくても済んでいます。



3.円満退職できる「退職理由」の具体例

ここでは、新しい生活に支障が出ないよう、会社に伝えるとスムーズに退職できる「退職理由」をまとめました。

退職届けを自信を持って出すイラスト

1) 転職、家業を継ぐ

「転職」「家業を継ぐ」は、かなり強い「退職理由」になります。ポイントは、「するつもり」ではなく、「もう決まりました」と伝えることです。労基法上、会社は退職を決めた労働者を引き留めることはできません。

少し注意が必要なのは「転職」です。転職が決まったと言えば、「どこに?」となるのは自然な流れですよね。法律上は転職先を伝える必要もないのですが、隠すような素振りをすると、ぎくしゃくするかもしれません。

名前を出しても当たり障りのない会社名を用意しておくか、家業や親戚で事業をしていれば、その名を出すのが良いと思います。

私の場合は前職でお世話になった先輩が独立しており、その名を借りました。

 

2) 家族の事情(家族の介護など)

高齢の家族の介護などを理由に、就業条件が今後の生活にむいている(勤務地、就業時間)職へ転職すると伝えるのも、候補に上げられます。

但し、これは引き留められる可能性もあります。会社に介護制度などがある場合ですね。社風や職場の人間関係にもよりますが、同情されたり過度な心配をかけてしまう場合も避けた方が良いです。ドライな職場向きです。

 

3) 会社にとって都合の悪い事をやんわり指摘

この理由は、単体というよりは上記との合わせ技で効果があります。

例えば、残業代の未払いなどが常態化しているような会社であれば、「直接の理由ではありませんが」と前置きしたうえで「残業代が払われていないことがあるようで、そういったことが原因で業務に集中できないことがありました」と伝えます。

次の職が決まっているうえで、会社の痛いところをやんわり指摘すれば、上司も必要以上の干渉をしてこなくなります。

他には、

過度な残業や休日出勤
人手不足による過重労働
パワハラ、セクハラ(自分が受けていなくてもそういう環境であること)

など考えられます。これらは直接の理由にするよりは、ダメ押しに使用した方がいいです。

※本当に許せない違法な事情がある場合は、証拠を集めた上で、労基署の労働相談コーナーに相談しましょう

ブラック企業と労基監督官のイラスト



4.この記事のまとめ

握手をする写真

退職がスムーズにいく理由をまとめると、

《円満な退職理由の具体例》

・転職、家業を継ぐ(もう次職が決まっていると伝える)
・家族の事情(家族の介護など)
・会社にとって都合の悪い事をやんわり指摘(他の理由との合わせ技で効果有り)

円満な退職を目指すことで、退職後の新しい生活のモチベーション向上や退職手続きに必要以上の労力をかけずに済みます。

また、個人的な内容にはなりますが、私がセミリタイアを決めた本当の理由は、

《私がセミリタイアした本当の理由》

・会社員に限界を感じた(ブラック企業経験)
・自分の為だけに100%の時間・力を使いたい
・好きなこと・やりたいことで経済的自立をしたい

自分がどんなに頑張っても同じ会社に生涯いられるとは限らず、私にとってセミリタイアは「(投資を軸にすることで)自分のやりたいことで生きていく為の手段」になっています。少なくても「労働力を搾取」されたり、「嫌な仕事」をせずに済んでいます。

コーヒーでほっとするイラスト

今回の記事は以上です。セミリタイアや会社の退職を考えている方のお役に立ちましたら幸いです。最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

人気記事ランキング

アイキャッチ画像「楽天証券とSBI証券使い分けのコツ」 1

楽天証券とSBI証券について、知っているとちょっとだけ有利になる「使い分け方のコツ」を個人投資家の目線でまとめてみました。「楽天証券、積立投信で高ポイント還元」「SBI証券、ドル円為替手数料が最安水準→外国株有利」等。本音のブログ記事です。

アイキャッチ画像「初心者が楽天証券で投資信託やってみた」 2

全くの初心者だった私が、楽天証券で投資信託の積立をはじめて2年以上が経過しました。「利益は?」「どんな投資信託を買った?」「何で楽天証券にしたの?」など。実際の経験を踏まえ、これから始めたい人に役立つ「投資信託の買い方」をまとめた記事です。

アイキャッチ画像「ネオモバとLINE証券を使ってみて比較」 3

スマホで手軽に投資ができると注目の「ネオモバ」と「LINE証券」これから始めるならどっちがいい?両方利用してみた実感から、メリットやデメリットをわかりやすく比較しました。継続したコツコツ投資ならネオモバ、お試し投資ならLINE証券です。

アイキャッチ画像「ファンダメンタル重視の株式投資のやり方」 4

こつこつ投資でセミリタイア中のブログ管理人が、企業のファンダメンタル(業績・財務など基礎的事項)を重視した株式投資をやってみた体験を記事にしました。バフェット流のファンダメンタル投資のポイントや具体的なやり方が、簡潔にわかる記事です。

アイキャッチ画像「東京で15万円で生活するセミリタイヤーの家計簿」 5

今回の記事では私の家計簿も公開しながらセミリタイヤーの生活費について紹介します。 この記事を書いている私は、実際に東京でセミリタイアをしています。 実感として感じるのは、家賃や物価の高さなど、都内でセ ...

-『暮らし』のこと, セミリタイア生活

Copyright© 東京でセミリタイア生活するブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.