『暮らし』のこと 家計簿・節約・社会保険

LINEMOへiPhoneソフトバンクから乗り換えやってみた

投稿日:2021年3月23日 更新日:

タイトル画像「ソフトバンクからLINEMOへ乗り換え」

このブログ記事では、LINEMOへ乗り換えをやってみた実体験から、ソフトバンクからの乗り換え(機種 iPhone)前提に、事前準備や手順をわかりやすくまとめています。個人ユーザー目線で、注意した方が良いと感じた事や、LINEMOを選択するメリット・デメリットについても書いています。

この2021年3月、携帯電話通信事業者の大手3社の新ブランドがこぞって立ち上がりましたね。

中でも先陣を切って、3月17日からスタートしたのがソフトバンクの「LINEMO」です。

結論を先に言うと、

携帯通信費用が「年間 54,000円」以上の節約になった
 ソフトバンク「メリハリ無制限」同等プランからの乗り換え

申込みから2営業日で通話・通信できた
ソフトバンクからLINEMO乗り換えは、簡単かつ超スピーディー

申込み前の事前準備が大事
キャリアメールに代わるメールアドレス準備、シムロック解除、ソフトバンク4桁暗唱番号の確認など

LINEMOへ乗り換えてみて、メリット・デメリット両方を感じていますが、全体としては「乗り換えて良かったな」と思えています。

記事では、LINEMOの「何がどう良かったのか、悪かったのか」を掘り下げて書いています。また、これからLINEMOへ申込みを考えている人に役立つ「手順や注意点」も実体験に沿った流れでまとめました。

下の目次を眺めるだけでも、要点がわかりますので、気になる項目があればチェックしてみてくださいね。

スマホとアプリのイメージイラスト

1.ソフトバンクからLINEMOへ乗り換えてみた率直な感想

LINEMOは、ソフトバンクが2021年3月17日から始めたスマートフォン向け新ブランドです。ソフトバンクグループが運営するLINEモバイル(2021年3月末で新規受付停止)を引き継ぐかたちになりました。

最大の特徴は、LINE通信時のデータカウントがフリー(※)になること。月20GBのデータ使用制限に含まず、LINEメッセージやLINE通話を行うことができます。

※トーク位置情報共有・Liveの利用、スタンプショップ利用、ニュース記事閲覧などは対象外。詳しくは公式情報をご確認ください
LINEMO公式サイト:LINEギガフリーについて

また、21年夏からはLINEスタンプ(クリエイタースタンプ)が使い放題になる「LINEスタンププレミアム」のベーシックコースが無料で利用できることが予定されています。

・私は年5.4万円以上安く(LINEMOのメリット・デメリット)

私はもともとソフトバンクのギガ放題・無制限系のプランで月額料金が高かったこともあり、この機会に見直すことで「年間54,000円以上の節約」になりました。同プランは、21年3月から「メリハリ無制限」となりましたね。

LINEMOへ乗り換えてみて感じたメリットは次のようになります

LINEMOメリット

今までと同じ安定した通信(ソフトバンク回線)で節約実現

LINEはメッセージ + LINE通話もカウントフリー
 携帯電話による通話がいらなくなる!?(通話定額はオプションで有り)

21年夏からLINEスタンププレミアム「ベーシックコース」無料
 実質240円相当が無料に

テザリング、国際ローミング(世界対応ケータイ)に追加費用なし
 これらの機能を使っている人には嬉しい

LINEMOの月額料金は、auやドコモの新ブランドと比較して特別安いわけではありませんが、他のメリットを考慮してLINEMOを選択しました。

参考までに、各社新ブランドの料金と特徴を比較すると次のようになります

(税込)月額料金容量/月特徴国内通話
オプション(月額)
キャンペーン等
LINEMO
(ソフトバンク)
2,728円20GBLINEギガフリー 5分以内定額 550円
かけ放題 1,650円
・契約後1年 国内5分以内通話→無料
・21年夏より、
LINEスタンププレミアム無料(※)
povo
(au)
2,728円20GB データ使い放題
220円/24時間
5分以内定額 550円
かけ放題 1,650円
ahamo
(ドコモ)
2,970円20GB5分以内国内通話
無料
かけ放題 1,100円

※LINEスタンププレミアム ベーシックコースの利用になります

ドコモの新ブランド「ahamo」は月額2,970円(税込)と、他2社に比べて若干高いですが、5分以内の国内通話無料が含まれていることを考えるとほぼ同等です。但し、LINEMOは現在、キャンペーンとして契約後1年間、5分以内の国内通話定額の有料オプションが無料で選択できます。

LINEMOメリットの最注目は、LINE通話もカウントフリーになることです。今や国民的なメッセンジャーアプリとなったLINE。相手もLINEアプリを利用している率は高く、携帯電話で通話する頻度はかなり低くなっていますよね。私の場合、有料オプションである通話定額の必要性をあまり感じずに済んでいます。

次に乗り換えで感じたデメリットをまとめてみました。

LINEMOデメリット

・キャリアメールが使用できない
 これは「ahamo」「povo」も同様に使用できない

・手続きは全てオンラインで「もしも」の時にお客様電話へつながりにくい

・LINE以外のカウントフリーはない
 ソフトバンク「メリハリ無制限」同等プランからの乗り換えで落差を感じる

・ソフトバンクの特典が継続できない
 まとめて支払い、ヤフープレミアム無料、家族割り、ソフトバンク光の割引など

LINEMOに限らず各社新ブランドでは従来のキャリアメールを持ち越すことができません(@docomo.ne.jp、@ezweb.ne.jp.@softbank.ne.jp、i.softbank.jpなどのメールアドレスは使用できなくなる)

LINEやSNSの普及で電子メールの使用率は下がっていますが、銀行やクレジットカード、ネットショッピングなどにキャリアメールを設定している人は、全て変更する必要があります。これには、かなりの労力を要しました。何を変更したか私の具体例については、後述をご覧ください

また、各社新ブランドは原則オンライン手続きのみで、ショップでの申込み対応はしていません。問い合わせ用事務局電話(お客様電話)がありますが、現在とてもつながりにくい状況になっています。

ソフトバンクユーザーとして受けていた割引などの特典も、全て終了することに注意しないといけないですね。私は家族割りや、ソフトバンク光の契約をしていなかったので、あまり影響はありませんでした。まとめて支払いなどで、ソフトバンクの月額料金に含めて他の支払いをしている場合も、何が解除になってしまうか確認しておきたいですね(マイソフトバンクで確認できます)

電話対応するイラスト

・ソフトバンクからLINEMOへ乗り換え2営業日で通話できた

オンライン申込みは、入力ミスや不明点があるなど「もしも」の時に対応が遅れがちになりますが、そうでなければ、とても簡単でスピーディーです。特にソフトバンクからの乗り換えは、本人確認が省略できるので、あっという間でした。

私の場合、3月17日15時頃にオンライン申込みをして、3月19日の午後にはLINEMOで通話できる状態になりました(その間は従来回線の継続で通信に影響なし)LINEMOに対応したシムに差し替える必要があったため、シムの郵送待ちに2日かかりましたが、差し替えの必要がない「eSim(※)」の人はもっと早いと思います。

※eSim:スマートフォン内蔵の本体一体型のシム。携帯会社の乗り換え時も差し替える必要がなく、設定変更で済ますことができます。LINEMOで対応している「eSim」機種は次のリンクから確認できます
LINEMO公式サイト:対応機種について

但し、オンライン申込みをスムーズに行うためには、事前準備をしっかり行っておく必要がありました。デメリットで上げた「キャリアメール」の対応もそのひとつですね。

次項では、LINEMOへの乗り換えで大事になる「事前準備」を実際に私が行ったことを例としてまとめています。

オンライン申込みするイラスト

2.LINEMOへ乗り換える「事前準備」と注意点

・キャリアメールに代わるメアドを用意しよう

LINEMOに限らず各社新ブランドでは、キャリアメール(@docomo.ne.jp、@ezweb.ne.jp.@softbank.ne.jp、i.softbank.jpなど)を持ち越すことができません。そこで銀行やネットショピングなどにキャリアメールを設定している場合は、変更する必要があります。

新メールの候補としては次のようなものが考えられます。私は信用度や今後の汎用性も考えて、仕事でも利用している「gmail」でプライベート用アカウントを新たに作りました。

キャリアメールに代わる候補
無料ストレージ メールソフト
送受信
自動転送概要
gmail
(@gmail.com)
15GBGoogleが提供する無料WEBメール
iCloudメール
(@icloud.com)
5GB Apple提供のクラウドメール
iPhoneなどApple製品端末との連携に優れる
yahoo!メール
(@yahoo.co.jp)
10GB可(※)可(※)日本ではYahoo!JAPANが提供する無料WEBメール
Outlook.com
(@outlook.com)
無制限Microsoftが提供する無料の個人用メールサービス
その他有料
メールサービス
インターネットプロバイダが提供するものや、月数百円からメールアドレスとサーバーを提供するサービスもあります

※公告メールを受信(Yahoo!ダイレクトオファー登録)する設定が必要になります

スマホで利用することを考えると、メールソフト(アプリ)で問題なく使えることや、他のアドレスへ自動転送してくれる機能などが選ぶポイントになりますね。

電子メールをするイラスト

・重要な登録先のメアドを変更しよう

キャリアメールに代わるメールアドレスが用意できたら、実際に登録を変更していきます。

登録アドレスの変更には、旧アドレスを使用する場合もあり、乗り換え前に対応しておくと安心ですね

私は次のようなものを変更する必要がありました。

【キャリアメールの設定を変更したもの】

《生活必要サービス》
・銀行
 オンラインバンキングなど
・ネット証券会社
・クレジットカード、電子マネー
 suica、paypayなど
・インターネットサービス
 プロバイダやレンタルサーバー
・公共料金の通知
 TEPCO、東京電力など
・行政サービス
 ねんきんねっとなど

《基幹サービス》
・プラットフォーム系アカウント
 Google ID、Apple IDなど
・ネットショッピング
 amazon、楽天市場など
・ビジネス・ツール系
 office365、マネーフォワードなど

《その他サービス》
・SNS関係
 LINE、twitter、インスタグラム、facebookなど
・ネットサービス
 YouTube、NOTE、メルカリ、食べログ、旅行会社、チケット会社など
・ポイントカード系
 Tポイント、楽天ポイント、ユニクロ、家電量販店、ドラッグストア、映画館、アミューズメント、スーパーなど

全ての登録先を洗い出すのは大変ですよね。そんな時は、半年以内の電子メール通知や、インターネット履歴を振り返ってみるといいかもしれません。重要度の高いものは対応できるのではないでしょうか。

ネットで買い物するイラスト

・シムロックは解除されている?

現在使用しているスマホのまま、乗り換えるためにはsim(シム)カードのロックが解除されている必要があります。これは「eSim」も同様です。

シムロックとは?

契約者(利用者)の識別番号や電話番号を記憶させたICチップをシムカードと言います。従来、携帯電話通信各会社は、自分のところで発行したシムカードが他社で利用できないように制限をかけていました。この状態を「ロック」されていると言います。

ところが、格安通信事業者の普及によりシムロックが邪魔になり、2015年頃から「シムロック解除」できるようになりました。より自由に通信事業者を選択できるようになったのです。

シムロック解除することで、LINEMOを利用できる機種の一覧を次のリンク先で確認できます
LINEMO公式サイト:対応機種について

iOS14以降のiPhoneでは、シムロックが解除されているかどうかを「設定」で確認することができます。

挿入写真「iPhone設定一般」

iPhone 設定>一般 >情報 の順に進みます

挿入写真「iPhone設定情報」

情報の後尾に「SIMロック」項目があります

私はiPhoneXを利用しており、LINEMO対応機種ですが、シムロック解除がされていない状態だったので、マイソフトバンクを利用してシムロック解除をしました。

iPhoneであればやり方は簡単で、スマホのIMEI番号(下写真参照)を入力するだけです。15分ほどでシムロックが解除できました。

挿入写真「iPhone設定IMEI番号」

SIMロック解除状態と同じ画面に「IMEI」番号(15桁数字)があります

挿入写真「マイソフトバンクシムロック解除手続き」

マイソフトバンクでIMEI番号を入力

マイソフトバンクでシムロック解除する詳細については、次の公式情報もご確認ください。
ソフトバンク公式サイト:シムロック解除について

マイソフトバンク以外では、ソフトバンクショップで有料対応もしてくれます。au、ドコモ、andoroidスマホの場合はやり方が異なりますので、各社サイトでご確認ください

シムカードのイラスト

・4桁の暗証番号を覚えている?

ソフトバンク契約時に設定した「4桁の暗証番号」はLINEMOでも引き続き使用します(これにより本人確認が省略可)これは、マイソフトバンクのログインパスワードではないので注意しましょう。

忘れてしまった場合、マイソフトバンクで確認は行えません。契約書の記載事項を見るか、ソフトバンクショップで対応してもらえます。詳細は次の公式情報を確認してみてください。
ソフトバンク公式サイト:契約時に決めた4桁の暗証番号について

暗証番号を忘れたイラスト

・回線切替え後の設定にwifi環境必要(iPhoneの場合)

iPhoneを用いてLINEMOへ乗り換える場合、回線切替え後に設定ファイル(APN構成プロファイル)をダウンロードする必要があります。andoroid端末の場合は、直接設定入力するので、ダウンロード不要です。

このAPN設定は、電話回線を用いてインターネット利用できるようにするものです。つまり設定が完了しないとインターネットが使えません。APN構成プロファイルをダウンロードのためのwifi環境が別に必要になります

自宅にwifi環境がない人は注意しましょう。ソフトバンクのwifiスポットも回線切替え後になるため使用できません。私は友人のポケットwifiを借りました。

wifiを探すイラスト

・支払いはクレジットカードのみ

LINEMOの料金支払いは、現在クレジットカードのみです。今まで銀行の口座振替にしていた方は、支払い用のクレジットカードを用意しましょう(今後、口座振替の対応が始まるかもしれませんが、いつになるか現状ではわかりません)

クレジットカードを持っていない人は、この機会に年会費無料のものを1枚作ってもいいかもしれませんね。年会費無料の代表的なものには、楽天カードが上げられます。

私も利用しています。利用限度額は少なめですが、携帯料金を支払って、プラスちょっとした買い物をするくらいなら問題なく使えています。かえって余計に利用することがないので丁度良いです。楽天カードは年会費無料で、新規加入キャンペーンも積極的に行い、楽天ポイントがどんどん貯まるのが魅力です

毎月の支払いに関わることなので、ご自身の生活に合わせたクレジットカードを検討したいですね。

楽天カードにご興味のある方は、次のリンク先からどんなカードか見てみてください。

 

・マイソフトバンクでしておくこと

マイソフトバンクは、契約内容の変更や今月の料金確認などをネット上で行える便利なサービスですが、LINEMOへの回線切り替えが終了した途端に利用できなくなります

マイソフトバンクで確認・変更の必要のあるものは事前に行っておきたいですね。

特に注意したいものとして、次のようなものが上げられます。

シムロックの解除前項で説明しています

住所変更
マイソフトバンクに登録されている住所がLINEMOへ持ち越されます。この住所はシムカード郵送先にもなるため、引っ越しで変わっている場合は、事前変更しておきましょう。住所変更した場合、LINEMOの申込みは1日以上あける必要があります。

スマホ購入代金の分割払いを一括返済
乗り換え後もソフトバンクから請求が続きます。一括返済しておくと区切りがいいですね。一括返済の手続きはショップでも行えますが、オペレーターチャット対応が簡単でオススメです。マイソフトバンクのログインパスワーが必要になります。
ソフトバンク公式サイト:機種購入代金の残金を一括払い

契約時に設定した4桁暗証番号の変更
変更する場合は、マイソフトバンクで行えます。
(忘れてしまった場合の対処は、前項を確認してください

携帯電話会社の手続きをするイラスト

事前準備についてまとめ

・キャリアメールに代わるメールアドレスを準備しよう
・重要な登録先のメールアドレスを変更しておこう
・スマホのシムロック解除をしておこう
・契約時に設定した「4桁暗証番号」を確認しておこう
・支払い用のクレジットカードを準備しよう
初期設定用のwifi環境を用意しよう(iPhoneの場合)
・マイソフトバンクの住所は、現在の住所になっている?

3.LINEMOへの申込み方法、利用までの流れ

1) 公式サイトよりオンライン申込みしよう(10分)

オンライン申込みはとても簡単で、ソフトバンクからの乗り換えであれば10分ほどで終わりました。

(1)手続き内容や事前注意を確認する

LINEMOの公式サイトより、申込みを開始できます。まず、手続き内容の選択や注意事項を確認します。

挿入写真「LINEMO申込み画面」

公式サイトより「今すぐ申し込む」クリック

挿入写真「LINEMO申込み画面2」

手続き内容や現在のキャリアなど選択

挿入写真「LINEMO申込み画面3」

申込み前の注意事項を確認

《注意点の概要》
・マイソフトバンクへのログインが必要
(住所変更した場合は、翌日以降の申込み)
・シムロックは解除されているか
・ソフトバンク契約時に設定した「4桁暗証番号」は覚えているか
・支払い用のクレジットカードは準備できているか
・キャリアメールに代わるメールアドレスは準備できているか
・ソフトバンクのサービス(各種割引、まとめて支払い、yahoo!プレミアムなど)は利用できなくなる

※注意点の詳細については、前項も参照してください

(2)乗り換え予定の電話番号を確認

手続き内容や注意事項の確認後、「My Softbankにログインする」ボタンを押すことで、契約している電話番号が表示されます。問題なければ、そのまま次項へ進みます。

挿入写真「LINEMO申込み画面4」

手続き内容や注意事項に問題なければ「My Softbankにログインする」をクリック

挿入写真「LINEMO申込み画面5」

のりかえ予定の電話番号が表示→問題なければ「サービス選択にすすむ」

 

(3)サービス選択

選択できるプランは1つのみでシンプル。現在、「通話準定額」(5分以内の国内通話定額)が契約から1年間無料になるキャンペーン中です。

挿入写真「LINEMO申込み画面6」

プランやオプションを選択→「お客さま情報の入力へ進む」

 

(4)お客さま情報の入力

連絡先やメールアドレスなどを入力します。ここで入力した内容は、LINEMOの会員情報に引き継がれました。

ソフトバンクから同じ電話番号で、契約者本人が乗り換える場合は、本人確認(書類のアップロード)が省略されます。

挿入写真「LINEMO申込み画面7」

お客さま情報の入力画面(1)

挿入写真「LINEMO申込み画面8」

お客さま情報の入力画面(2)

当初、連絡先電話番号に乗り換え予定の携帯番号を入力することができませんでしたが、現在は可能になっています。

申込み内容を契約完了前に変更するには、一度キャンセルし、最初からやり直す必要があります。キャンセルは、LINEMO申込み事務局への電話対応になりますが、とても混み合っていて繋がりにく状況です。

申込み完了ボタンを押す前に、間違いがないか改めて確認したいですね。

 

(5)申込み完了メールを受信

下の画面が表示されたら、申込み終了です。登録したメールアドレス宛てに「申込み完了メール」が届きます。1~2時間で送信されるとありますが、混み合っている場合はそれ以上かかることもあるようです。

挿入写真「LINEMO申込み画面9」

LWOの後13桁の数字が受注番号になります

 

3時間以上メールが届かない場合

 
完了メールが届かない場合は、メールアドレスを間違って入力した可能性があります。私も入力ミスをしました。この段階でメールアドレスを変更するには、一度キャンセルするしかありません。申込み事務局への電話対応です。

挿入写真「LINEMO申込み事務局」

お客さま電話はつながりにくい状況でした

但し、審査が無事に通り、手元にシムカードが届いてしまえば、設定にメールアドレスの利用はなく、契約完了後にネット上のマイページから変更することができました

とは言え、審査が通らなかった場合の連絡や、シムカードの発送に関した連絡は、登録したアドレス宛てになるので、メールが届かないと不安になりますね。私のようなミスをしないようにご注意ください。

メールを運ぶ鳥のイラスト

2) シムカード郵送を待とう(又はeSimの設定)

私は東京都に住んでいますが、申込みから2日後にシムカードが届きました。混雑状況や配送先によって、前後すると思います。

挿入写真「シムカード郵送」

佐川急便のセーフティーサービスで届きました

挿入写真「郵送物の中身」

内容物は「納品書」「マニュアル」「シムカード」の3点

ご利用のスマホが「eSim」に対応している場合は、シムカードの差し替えは必要なく、設定だけで終了します。設定の詳細や対応機種については、こちらをご確認ください。

LINEMO公式サイト:対応機種について

LINEMO公式サイト:「eSimの設定」について

 

3) 回線切替え窓口に電話しよう(自動ガイダンス)

LINEMOへ回線切替えをします。ここまでは旧回線を使用します。切替え完了と共に、旧回線の契約は自動終了してしまうため、やり残しがないように注意が必要です。

《切替え前にもう一度確認》
・シムロックは解除されているか
・ソフトバンク契約時に設定した「4桁の暗証番号」は覚えているか
・キャリアメールは利用できなくなる(銀行やクレカなど重要アカウントの変更は新メールで済んでいるか)
・ソフトバンクのサービス(マイソフトバンク、各種割引、まとめて支払い、yahoo!プレミアムなど)は利用できなくなる
・iPhoneは設定に別途「wifi環境が必要」

挿入写真「LINEMOマニュアル1」

回線切替え窓口は自動音声ガイダンスです

回線切替えは、専用窓口へ電話をかけ自動ガイダンスに従うだけです。電話終了後1~2時間で完了とありましたが、私の場合、10分とかからず切り替わりました。

回線切替えが完了すると、スマホの通信状態が圏外になります

 

4) シムカードを差し替えよう(eSimの場合は不要)

挿入写真「LINEMOシムカード」

郵送されたシムカード

iPhone5以降は、ナノSIMという小さいシムカードが使われています。送付されている状態から、さらに切取る必要があったのでちょっと緊張しました。

挿入写真「LINEMOマニュアル2」

同封のマニュアルに交換方法がレクチャーされています

 

5) 通信するための設定をしよう

iPhoneの場合、wifi環境が必要です

設定ファイル(APN構成プロファイル)をダウンロードします。画面に表示される指示に従って、ダウンロードしたファイルを適用するだけです。

挿入写真「LINEMOマニュアル3」

マニュアルに従って設定をします

設定が完了すると、画面上部のステータスバーが「LINEMO」又はiOSの場合は「SoftBank」となります。私の場合は「SoftaBank」と表示されました。今までと見分けがつかないですが、しょうがないですね。

LINEMOのマイメニューにアクセスして、顧客情報や利用状況が確認できれば、諸々の設定は全て完了しています(マニュアル裏面にマイメニューへのQRコード記載)

挿入写真「LINEMOマイメニュー画面」

シンプルでわかりやすいマイメニュー画面

 

ちなみに、このマイメニューから、申込時に登録した連絡先やメールアドレスを変更することができます

以上が、申込みから利用までの流れになります。

 

4.この記事のまとめ

スマホと休憩のイメージ写真

今回のブログ記事では、LINEMOへ乗り換えてみた実体験をもとに、ソフトバンクからの乗り換え(機種 iPhone)前提に、事前準備などの注意点や手続きの流れをまとめました。

乗り換えてみた実感として、LINEMOにはメリット・デメリット両方あるものの、全体としては「乗り換えて良かったな」と思えるブランドです。

記事には、私が実際に困ったことや、乗り換えてみたわかった率直な感想を出来るだけ盛り込んでいます。これからLINEMOの利用を考えている人のお役に立ちますように。

カフェでパソコンするイラスト

LINEMOメリット&デメリット

《メリット》
・LINEMOへの乗り換えで年54,000円以上安くなった
 ソフトバンク「メリハリ無制限」同等プランから乗り換え
・LINEはメッセージ、LINE通話もカウントフリー
 国内通話定額の有料オプションも私は不要
・21年夏からLINEスタンププレミアム「ベーシックコース」無料
 実質240円相当が無料に

《デメリット》
・キャリアメールは持ち越せないので、代わりのメールアドレスを準備
 LINEMOに限らず、ahamo、povoも同様
・ソフトバンクの特典が継続できない
 まとめて支払い、ヤフープレミアム無料、家族割り、ソフトバンク光の割引など

《事前に準備すること》
・キャリアメールに代わるメールアドレスを準備しよう
・重要な登録先のメールアドレスを変更しておこう
・スマホのシムロックを解除しておこう
・契約時に設定した「4桁暗証番号」を確認しておこう
・支払い用のクレジットカードを準備しよう
・初期設定用のwifi環境を用意しよう(iPhoneの場合)
・マイソフトバンクの住所は、現在の住所になっている?

《LINEMO申込みの手順》
1)公式サイトよりオンライン申込みしよう(10分)
2)シムカード郵送を待とう(又はeSimの設定)
3)回線切替え窓口に電話しよう(自動ガイダンス)
4)シムカードを差し替えよう(eSimの場合は不要)
5)通信するための設定をしよう

それでは最後まで記事をご覧頂き、ありがとうございました!

人気記事ランキング

アイキャッチ画像「楽天証券とSBI証券使い分けのコツ」 1

楽天証券とSBI証券について、知っているとちょっとだけ有利になる「使い分け方のコツ」を個人投資家の目線でまとめてみました。「楽天証券、積立投信で高ポイント還元」「SBI証券、ドル円為替手数料が最安水準→外国株有利」等。本音のブログ記事です。

アイキャッチ画像「初心者が楽天証券で投資信託やってみた」 2

全くの初心者だった私が、楽天証券で投資信託の積立をはじめて2年以上が経過しました。「利益は?」「どんな投資信託を買った?」「何で楽天証券にしたの?」など。実際の経験を踏まえ、これから始めたい人に役立つ「投資信託の買い方」をまとめた記事です。

アイキャッチ画像「ネオモバとLINE証券を使ってみて比較」 3

スマホで手軽に投資ができると注目の「ネオモバ」と「LINE証券」これから始めるならどっちがいい?両方利用してみた実感から、メリットやデメリットをわかりやすく比較しました。継続したコツコツ投資ならネオモバ、お試し投資ならLINE証券です。

アイキャッチ画像「ファンダメンタル重視の株式投資のやり方」 4

こつこつ投資でセミリタイア中のブログ管理人が、企業のファンダメンタル(業績・財務など基礎的事項)を重視した株式投資をやってみた体験を記事にしました。バフェット流のファンダメンタル投資のポイントや具体的なやり方が、簡潔にわかる記事です。

アイキャッチ画像「東京で15万円で生活するセミリタイヤーの家計簿」 5

今回の記事では私の家計簿も公開しながらセミリタイヤーの生活費について紹介します。 この記事を書いている私は、実際に東京でセミリタイアをしています。 実感として感じるのは、家賃や物価の高さなど、都内でセ ...

-『暮らし』のこと, 家計簿・節約・社会保険

Copyright© 東京でセミリタイア生活するブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.